京都の古本屋・本屋・書店、世界文庫。 店主、古賀鈴鳴。

12日(金)は、夜だけ。19時から22時まで。

きょうも新しい1日。

写真は、世界文庫の、文字どおり“ 目玉本コーナー ”です! じゃん!



( 特に深い意味はありません )



こまかく、棚を、見ていっていただけると、いろんなコーナーが存在するように、本を並べております。



金曜日のきのうは、夕方から、世界文庫オープンしました。
きのう来てくだすったお客さまたちは、なんと、100%みなさん、本をお買い物していって下さいました。うれしい。
途中から、「 連続奪三振を狙う投手のような気持ち 」に、なりかけましたが( 嘘です。笑 )。
お茶でもいれて、ゆっくり、本の話をする時間にしました。

夜風に吹かれながら、オートバイで来て、手がかじかんでらっしゃったお客さまには、熱いお茶をお出しして。

なんか、そういう余裕がある方が。
ゆっくり、本を選んでいただいて、世間噺とか、本の話がしたいときには、ちょっとくらい出来るような、本屋さんとかいいですよねー、と、思っていたのでそうしております。いまのところ。できうるかぎり。



世界文庫は、ほんじつは、夜だけ。
19時から22時まで。たった、3時間だけ開いてます。

昼間は、神戸にある、イラストレーションの学校で、講師を頼まれていましたので、講義をしに行ってきます。
終わったら、京都へ行って、世界文庫を開けます。

ほんじつも、よろしくお願い致します。