京都の古本屋・本屋・書店、世界文庫。 店主、古賀鈴鳴。

「岡崎ときあかりマルシェ」 に出店します

きょうも新しい1日。

minä perhonen の京都のお店に、Lisa Larson / Gunnar Larson の展示のレセプションに行ってきました。

やや、ひさしぶりに、皆川明さんや、スタッフの方たちとお会いして、お話できてよかったです。

minä perhonen の方たちと知り合って、13年くらいは、経ちますが、どんなに状況が変化しても、変わらず、素敵です。



ほんじつ、10/27(土)は、世界文庫で、2回目の、イヴェント出店です。
まだ、12日間しか営業してないのに、そのうちの3日間は、店舗オープンもしつつ、イヴェント出店しているというのは、ほんと、異常な気もしつつ・・・しかし、楽しそうなので、折角ですし、やってみたいなと思っています。

何事も。
もしも、楽しめなくなったら、それは、才能がないか、むいてない、ということだから、ひとに迷惑もかかるだろうから、やめた方がいいと、いつも自分自身に対しては、問いかけています。

いまは、楽しいです。
いろんな方に、世界文庫、知ってもらいたいなと思っています。そしたら、もっと、遠くに行けるのかなと、思ったりしています。



さて、「 岡崎ときあかりマルシェ 」 といいまして、京都美術館・平安神宮あたりの岡崎公園で、13時-21時まで行われてますイヴェントです。昼からやってますが、夜はライトアップが綺麗らしいです!
本屋さんの出店は、世界文庫だけですが、飲食が美味しそうなとこばかりなので、楽しみです。 お近くの方は、ぜひ!


そして、世界文庫は、船岡山・鞍馬口のお店も営業してます。( ちなみに、店主の古賀は両方を行き来します )

今週末のお店のオープン時間は、こんな感じです。

27(土)14:30 – 18:00
28(日)13:00 – 19:30
29(月)16:30 – 21:00

よくお確かめになって、お越し下さいね。
お待ちしています。

ほんじつも、よろしくお願い致します。