京都の古本屋・本屋・書店、世界文庫。 店主、古賀鈴鳴。

たのしい師走に

きょうも新しい1日。

このところ、毎日、あたらしいおしごとや、プロジェクトのお話をいただきます。
有り難いことです。
が、年末、年始と、古賀鈴鳴、ちょっとおそろしいスケジュールになってきております。。。

しかし、そんなことは、ひととき、わすれて、きょうは、「 世界文庫 」をやろう。遠くから、友人がたずねてきてくれるのだ。

ジョンの命日だから、れいねんどおり、ジョン・レノンを聴きながら、お茶でもいれて、たのしい話をしよう。



明日は、神戸で、絵本のレクチャーをします。
めずらしい、今では、ほとんど手に入らないような、すてきな絵本を持って行って、みんなに見てもらおう。

師走もたのしく。