京都の古本屋・本屋・書店、世界文庫。 店主、古賀鈴鳴。

【 朝の本屋 】の結論

きのう 2 日は、2013年、初日オープンでした。
初日楽しかったです!
いろんな都道府県、いろんなところから、お客さま、来てくださりました。
【 世界お汁粉 】を仕込んで、お配りしましたが、好評でした。

ほんじつ、3 日は、前々からやってみたかった【 朝の本屋 】。
9:00 – 12:30で、朝からです。

普段なら、やっても、絶対ひとは来ないと思います( 朝からそんな余裕あるひと、いないと思いますから・・・ )。

しかし、お正月ですし、意外と、朝は、時間あるひといるのではないかな・・・と思っています。
普段は、おしごとや、なにかで、時間が合わなくて来れないひとたちも来れるのかなと。

世界文庫から、徒歩 2 分の、船岡温泉も 3 日は朝 8 時から。周辺は、よい寺社もたくさんありますので。
初詣 → 風呂 → 本 → ランチ !
或いは、朝食 → 本 → 風呂 → 初詣! というコースとか。

そういうのいいと思うのですが。ま、自分がお客さんだったら、おもしろがって、タオルと石鹸持参で、ふらりと行くと思うのですが、はたして、そんな、おつなひとが、この世に、他にも、いるのでしょうか?
( 最近、世の中に、“ おつなひと ” って、いったい、何人ぐらいいるのか、はっきりとした人数を知りたいな・・・とか考えたりしています。。。 )

そんなことはさておきまして。
ま、どうなることやら、楽しみです。

もうすぐ午前4時・・・寝ます!



そして、どうだったかと申しますと・・・
外人さんと、遠方の方と、お年寄りの方が、多く来て下さることが判明しました。
京都のKIDS たちは、朝は出歩かないっぽいですね。

いろいろ、実験していきます。
いろいろなひとに来ていただきたいのです。

あんまり、ありきたりではないことをやってみたいと思っています。
でも、「 商売 」、「 ビジネス 」ということを、笑ってられずに、余裕なく、考えなければいけない日が来たら、そういうこともやらなくなると思っています。
そうなりすぎると、つまらないから、お店もやめてしまうのだろうと思います。
別に、自分がやらなくてもいいんじゃないか、そういうのは、と思うからです。

ありきたりではない、おもしろい場所があればいいなと、真面目にいつも思っています。