京都の古本屋・本屋・書店、世界文庫。 店主、古賀鈴鳴。

たとえようのない毎日

きょうも新しい1日。

きのうの、1月6日でちょうど、「 世界文庫 」の開店から 3ヵ月が経ちました。

たとえようのない毎日です。

お店なのだから、当たり前といえば当たり前なのかもしれませんが、ぜんぜん、見ず知らずのひとが、いろんなところから、たくさん訪ねてきて下さります。
でも、自分には、ぜんぜん、当たり前に思えません。
まったく、自分に、何の関わりもなかったひとが、「 面白かったです。また来ます 」と、うれしそうに帰って行かれます。
これは。ものすごいことだなあと感じています。

きのうも、寒い中、「 世界文庫 」にたくさん来ていただいて、お客さま同士が、ストーブのまわりで、楽しそうに話されてたりして。
そういうのもいいなあと、しあわせな気分でした。

いつも有り難うございます。