京都の古本屋・本屋・書店、世界文庫。 店主、古賀鈴鳴。

皆川明さんのお話

きょうも新しい1日。

世界文庫の【 世界棚 】セレクターのおひとりでもある、ミナペルホネンの皆川明さんのトークショーを聞きに、大阪のD&DEPARTMENTへ、行ってきました。

知り合ってから、13年くらい経ちますが、思えば、そういう公の場での(?)、お話を聞くのは初めてでしたので、楽しみでした。

早めに会場に着いたので、座って聞こうと思って、椅子を確保しようと思っていたら、皆川さんがひとりでぶらぶらしてらして、お話していたら、完全に会場が満杯で、ぎゅうぎゅうですとの情報が・・・・・・・

立ち見でぎゅうぎゅうとか、嫌だなあと思って、微妙な顔をしていたら、「 鈴鳴さんもトークショー参加したら? そしたら座れるよ 」という無茶ぶり。
「 いやいや。おまえ誰やねん? 的なつっこみの視線が大阪のお客さまから、来ますよ 」と、有り難く、お断りさせていただきました。

でも、いつか、そのうち、うちでも、対談はおこがましいですが、皆川さんになにか、秘密のイヴェント(?)をやっていただけたらいいなあと思っています。

そして、トークショーは、なんというか・・・・・・素晴らしかったです。

とつとつと話される、ほとんどのことばが、しずかにきらめく、詩のようでした。

昔から思っていることですが、ものすごく、真っ当な方。
やわらかくて、真っ当。
真っ当すぎて、いまの世の中の基準からしたら、かなりショックな存在なんですね。いい意味で。
それに、唖然としたり、驚愕したり、うなずいたり。みんな好きになったりするのだと思います。

ああそうか。
“ 服作り ”、“ ファッション ”という名の、詩をやられているひとなのだったなあ、と、きょう、あらためてまた思わされました。