京都の古本屋・本屋・書店、世界文庫。 店主、古賀鈴鳴。

かみしめたい。

きょうも新しい1日。

なんだか、日々があっという間です。

日々を、しっかりと、かみしめたい。

やっぱり、新幹線では、よく眠れました。

先週、東京では、雑誌の取材・撮影、しごとの打ち合わせ、出版社のパーティー出席、書店めぐり・・・などをノンストップで駆け足でしていたら、ほんとにクタクタになりました。
前日は、締め切りの提出で、一睡もできてなかったので、朝から温泉へ行ったりしました。都内にも、あるんですよね。温泉。
青空の露天風呂。気持ちいい。

「 世界文庫 」の世界棚でお世話になっている、高橋さんのとこの森美術館で会田誠展を見学。
おもしろかったので、感想を、文章化したいと思ってちょっと書こうとしたのだけど、誉めてるつもりが、ぜんぜん、誉めことばになってなさそうなので、やめました。
でも、展示を、もしひとことで書くとするなら、個人的には、銀杏BOYZ の音楽の鳴りみたいな感じがしました。グシャグシャしてて、良かったなあ。

「 世界文庫 」の世界棚でお世話になっている、中島さんのlimArt、POST にも、15分くらいしかいれませんでしたが、寄れてよかった。欲しい本だらけでした。

これからにつながるような打ち合わせや、お話などが、いろいろな方とできてよかったなあと思いながら、帰りの新幹線では、お世話になっている編集者の方にいただいた本を熟読。

京都で、すぐ、「 世界文庫 」の開店準備。

それが、土曜日の昼だったんですが、何故か、もう、木曜日です。。。

日々を、しっかりと、かみしめたい。