京都の古本屋・本屋・書店、世界文庫。 店主、古賀鈴鳴。

ゴーゴーこども市、有り難うございました。

きょうも新しい1日。

あっ。という間に、またいろいろ時間が経ってしまうのですが。。。
GW の 5/5のこどもの日は、京都の人気のライヴハウス・木屋町にあるアバンギルドに、出店してきました。

“ ゴーゴーこども市 ”というイヴェントでした。
「 夜ふかし市 」、銭湯での「 ふろ本市 」などの、イヴェントのオーガナイザーであり、京都の朋友、100000t アローントコのチャーティーこと、カジさんとのコラボで。
100000t はレコード、うちは、本の販売でした。 誘ってもらって楽しみにしていたのですが、イヴェント趣旨も内容も直前までなにも決まらず、かなり広いアバンギルドに、はたして、2 店舗だけで、お客さん来てくださるかなあと、心配だったのですが、この日も、かなりおおぜいの方が、来てくださりました。
アバンギルドのおすすめバンドのライヴもあったのですが、それも、楽しかったです。
チャーティーは、同い歳で、やさしいです。枚方に住んでいます。雨だから、と大事な打ち合わせに来なかったこともありますし、結構遅刻をよくしますが、元来まじめなひとなので楽しいです。
いろいろなひとに慕われているの、よくわかります。
“ ゴーゴーこども市 ” は、定期的に、こどもの心を忘れずにやっていきたいイヴェントだなあと思いました。


今年の GWは、 prinz 春市、ゴーゴーこども市、たてつづけに、当店も、参加させていただいて、楽しかったです。
いろいろな方と、知り合うことができました。
機会があれば、様々なイヴェントにも出店参加してみたいなと思っています。

「 世界文庫 」は、ひよこです。
まだ、たまごかもしれません。
まだ、全然、新しいお店なので、誘ってもらえることが、ほんとに有り難いです。
鷹取さん、チャーティー、有り難う。