京都の古本屋・本屋・書店、世界文庫。 店主、古賀鈴鳴。

ハンガリー国。

 

きょうも新しい1日。

今年も、毎日暑い日が続きますね。

みなさま、お元気でしょうか?

私は元気です。



せんじつ書きましたが、兵庫県の城崎温泉に、大阪デザイナー専門
学校さんの、夏合宿の授業で行ってきましたので。
好きな小説家、志賀直哉の「 城崎にて 」をぱらぱらと読み返してました。

最初に読んだ時から気になっていたのですが。

やっぱり、どこにも、温泉の話、一切出てこないんですよね。

そういうところが、流石。と思います。

それを、確認し、そうかそうかそうかそうだよな、と思います。


だから、私も、温泉のことは書きません。

温泉には、いつも行きたいです。




写真は、少し前に。現代美術作家の榎忠さんと。

知人に紹介していただきました。

素敵な方でした。


学生の頃に、榎忠さんの『 ハンガリー国へハンガリ(半刈り)で行く 』の作品を知り、すごく好きだなと思いました。


ハンガリーというのは、どういう国なんでしょうか。

首都はブダペストですね。

ブダペストって変な語感ですね。

そのうち、行ってみたいものです。



「 世界文庫 」にも、京都という土地柄、いろいろな国の方たちが来てくださります。

ブダペストからのひとはまだです。

おもしろいものです。


いろいろな出会いの風が吹く、夏。