京都の古本屋・本屋・書店、世界文庫。 店主、古賀鈴鳴。

世界の絵本市。2/1(土)13:30 – 17:30です。

きょうも新しい1日。

充実していて、面白いひびです。

京都では、近頃、20代〜30代の若いひとたちが、続々と、素敵なセンスのお店をひらいています。
そして、お店の店主たち同士がつながっていて、仲がいい。
こういうことは、自分の知るかぎりでは、日本で、京都だけじゃないかなあと思います。

東京や全国のひとには、あんまり知られていないと思いますが。
そういうひとたちが集まって、大小さまざまなイヴェントがあちこちで、行われているのです。

そういうのが、とても面白くて。
こういうの、全国の20代くらいの若者が知ったら、みんな京都へ来たがるんじゃないかなあ・・・と、私は思っています。



さて。
2月になりました。
「 世界文庫 」の店内イヴェント、「 世界の絵本市 」は、ほんじつから。2/1(土)13:30 – 17:30です。
しかし、まだまだ、設営・ディスプレイ中です!

並べ方、ひとつでも、無限にパターンはありますし、どのように配置するかで、全然違ってみえます。

きょうも、全然、寝ないまま、新しい1日のはじまりです。

天気も良さそうですし、Twitter などの反応ですと、初日から、たくさんの方が来てくれそうな予感がしています。
どきどきします。

やっぱり、面白いと感じている時は、人間、寝なくても平気なんじゃないか、と。

face_2014_02_01