京都の古本屋・本屋・書店、世界文庫。 店主、古賀鈴鳴。

本のデザイン。

きょうも新しい1日。

「 世界文庫 」で、とある学校に関する本の、デザイン打ち合わせでした。

「 世界文庫 」の古賀は、ブックデザイン、装釘・装画のしごとも、数多くやらせていただいています。

普段、東京で打ち合わせをすることが多いのですが。
編集の方が、出張で京都にいらしてくださることや、関西の出版社の方がご依頼で訪ねてくださる機会も少しずつ増えてきましたので、近頃は、京都の「 世界文庫 」で打ち合わせをおこなうことも、度々あります。

まわりが、おもしろい造本のものや、珍しい本、いろんな変わった体裁の本の大量の見本に囲まれている中での打ち合わせは、とても、具体的で、イメージ共有がしやすく。
みなさん、非常にやりやすいですね。と、言っていただけています。

抽象的なイメージを言葉でやりとりしていても、使っていることばのニュアンスも、頭に描いている像も・・・各人で、違っていたりするものです。

ですので、本屋で、本作りの打ち合わせをすることというのは、理にかなっているようで、かなり、よい影響を及ぼしています。
face_2014_03_20