京都の古本屋・本屋・書店、世界文庫。 店主、古賀鈴鳴。

太陽ぴかーっとしてるだけ。

きょうも新しい1日。

春の陽射しは、それだけで、生命力がむくむくと湧いてきますね。
太陽ぴかーっとしてるだけですが。
おもしろいです。

想像力も、いろんな方向へ飛んでゆきます。
いろんな方と、お店でいろんなことをやれたらいいな、と、いつも考えています。

連休もたくさんのお客さまに来ていただけました。
うれしいことです。




来週は、東京。
有り難いことに、いろいろなプロジェクトで、声をかけていただいています。
駆け足で。さまざまな打ち合わせがあり、展示会、展覧会、いろいろめぐります。

最近、お会いしてなかったひとにも、お会いしたいなあと思ってたりすると、だいたい、バッタリ会ったりしますよね。
どこにいても、そういうものだなあと思っています。

でも、ひさしぶりに会おうよ、って方は、直接、「 世界文庫 」古賀まで、mail なり、電話なりくださいね。
本を整理したいんだけど・・・などでも、いつでもご連絡ください。

結局、どこにいても。
ちゃんとひとと会っているひと。作っているひと。深く思考しているひと。着々と行動しているひと。が、おもしろいな、と自分は感じています。
だから、自分も、そうしています。
なにかご一緒したいんですよね。

( 写真は、ぜんぜん関係ないんですが、最近気に入っている京都の喫茶店にて、ムース・ケーキ )

face_2014_0323_c