京都の古本屋・本屋・書店、世界文庫。 店主、古賀鈴鳴。

覚えていること。

きょうも新しい1日。

( 自分へのメモとして )

どうも、このところ、いろいろなことを、書く気になれない。
楽しいお知らせとか、いっぱい書きたいのだが、ちょっとひとのを読んでいても、そらぞらしく思い、のっていけない自分がいます。

でも、こころは、すっ、と落ち着いていたい。
怒ることも大切だけど、いらいらしてても、なんにもならない。

今回、疑問に思ったことは、次の国政選挙まで、覚えていることが肝要ですね。

そして、SNSだけでなく、周りのひとに話してみたり、伝えていくことも。

直接的で、一番、効果的な方法は、結局、選挙で、全国民が誰を、どこを選ぶかなんですよね。
シンプルなことなんですよね。

( 個人的には、いつも、どの選挙も「 国民投票 」だと思って、行っています )

政権を握るひとたちも、投票に行かない国民も、政治に関してはなにも言わないのが賢明と無関心を装う大人も、もういいかげんにした方がいいのではないでしょうか。

・・・などと、しっかり、自分自身に確認して、しごとに戻ります。

face_2014_07_03_greenroad