京都の古本屋・本屋・書店、世界文庫。 店主、古賀鈴鳴。

「 水丸劇場 」。安西水丸さんのこと。

【 世界文庫のメディア掲載 】

「 水丸劇場 」( 世界文化社 ) 6月27日発売
「 クリネタ  No.26 」( クリネタ ) 6月27日発売

今年3月に、急逝されたイラストレーター / 作家の安西水丸さん。
追悼の書籍「 水丸劇場 」が刊行されました。
水丸さんのいろいろな絵の作品、漫画、エッセイ等が収録されています。

その中で、水丸さんと親交のあった方たち、和田誠さん、大橋歩さん、南伸坊さん、黒田征太郎さん、長友啓典さん・・・等の方々が、寄稿されています。

「 世界文庫 」の古賀鈴鳴も、水丸さんの思い出を書かせていただきました。



同日発売の「 クリネタ 」という雑誌も、水丸さんの特集です。こちらにも、古賀は、寄稿しています。( こちらをベースに、書籍「 水丸劇場 」は作られているので、同じ文章が載っています )



寄稿されているみなさんの書かれている、水丸さんのことを読んでいました。
まったく、ぶれがありませんでした。
お洒落で、好きなものは好き、嫌いなものは嫌いと、はっきりしていて。
粋じゃないもの、無礼なものに対しては、ちゃんと怒れる大人のひとでした。
そう書くと気難しそうにも思えますが、友情を大事にされていて、私は、こんなに優しい方は、そうそういないな、と思っていました。

よかったら、ご覧くださいね。

face_2014_07_03