京都の古本屋・本屋・書店、世界文庫。 店主、古賀鈴鳴。

『 MdN デザイナーズファイル2014 』より

【 世界文庫のメディア掲載 】

あんまり余計なことを言わない方がいい、と、よく思っています。

冷静に考えて、そんなこと言っても、誰も得にならないし、誰もおもしろくもない・・・というようなことは、私はなるべく言いたくはないなと思って生きています。
黙っていることは、マイナスポイントにはならず、誰からも嫌われずには済みます。



前置きが長くなりましたが、何が言いたいかというと、せんじつの、同志社の本のブックデザインのおしごとの投稿の際に、自分にしては、やや強い文で、思考し、思っていることを述べさせていただきました。

でも、共感してくださる方も、きっといらっしゃるのでは? と考えましたので、書きました。
なにより、自分が、真摯に思考していることなので、問いかけてみたい・・・という気持ちが大きかったのです。



あの記事を投稿してから、1週間ほどですが、京都や関西のクライアントさん、プロダクションからも、いくつか、新たなデザインのおしごと、プロジェクトのお話、ご依頼をいただくことができました。

以前から、「 世界文庫 」の古賀さんに興味があり、なにかしごとを頼んでみたかったのだけれど、あれを読んで、連絡したくなった、と聞いて、うれしく思っているところです。

黙っていることは、マイナスポイントにはなりませんが、プラスにもならないなと思っています。



「 世界文庫 」の古賀鈴鳴は、書店以外の時、アートディレクション、さまざまなデザイン、絵のしごとを主にしております。

まだまだ「 世界文庫 」のあリます、京都・関西で出会った方たちは、「 古賀さんはどういうデザインや、しごとをしてるの? 」 と、興味をもってくださりますが、なかなかお見せしたりする機会もそんなにありませんので、ここでわかりやすい画像を、また掲載しておこうと思います。

今年2月に発売されました、『 MdN デザイナーズファイル2014 』に掲載されました、古賀鈴鳴の作品ページです。
( こういう年鑑に掲載されますと、自分は半年は経ってから、web に掲載させていただくようにしています。 )

『 MdN デザイナーズファイル 』には、ここ数年、毎年、作品ポートフォリオを載せていただいているのですが、日本を代表するようなアートディレクター、デザインプロダクションが掲載されています。

いつも光栄なことと、うれしく思っています。
( が、関西のデザイナーは少なく、京都を拠点とするデザイン事務所での掲載は、古賀鈴鳴含め3軒のみ。京都は、日本でもメジャーな都市なのに、少ないのです。。。 )

身近なものから、大きなものまで・・・より、幅広く、いろいろなプロジェクトに、関わらせていただけたらなと思っております。

今後とも、皆様にお力をいただくこともたくさんあるかと思います。
どうぞ、宜しくお願い致します。



↓ 以下出版社の宣伝文より。

広告、シンボル、ロゴタイプ、装丁、エディトリアル、パッケージ、グッズ、ウェブ、UIなど、あらゆる分野で活躍するグラフィックデザイナー、248名の代表的な仕事と連絡先を紹介しています。
誰もが目にしたことのある作品を手掛けた有名デザイナーから実力派の新鋭デザイナーまで、最先端のデザインワークを、見やすいレイアウトとわかりやすい内容で一望できます。
デザインの “今” と “これから” を知りたい・学びたい方には最適な、
デザイナー年鑑の最新決定版です!

face_2014_9_19b
face_2014_9_19