京都の古本屋・本屋・書店、世界文庫。 店主、古賀鈴鳴。

3年目もどうぞよろしくお願い致します !

きょうも新しい1日。

「 世界文庫 」の本屋さんは、せんじつの、10/6 で2周年を迎えることができました !
2年目も、自分にとっては、すごく新鮮で、濃ゆい1年でした。


新しい出来事も、たくさんありました。

また、この1年も、ものすごく多くの、本好きな方たちと、言葉を交わせたことが・・・なにか、言葉にできないような類いの充実感を、私の心に与えてくれているような気がします。



この間、スタッキングできる椅子を、書店用に、新しく、たくさん買ったんですね。
前々から構想していました、店内で、トークイヴェントや勉強会などをしたいなと思いまして、お客さまが座れるように、2周年を迎える前に、椅子をたくさん買い揃えました。

そのことは、別に誰にも報せていないはずでしたが、何故か買ってきた次の日から、「 そちらでトークイヴェントをやらせてもらえませんか? 」 という、具体的で、おもしろそうなお問い合わせが、ぽつぽつ入りはじめました。

自分が、ひとつ決めて、なんでもいいのでアクションをおこしてみると、世界は、なにかリアクションを必ず返してくれます。
知っていたはずの、とても基本的なことなのですが。
お店をやることで、また、そうなんだよなあと、再確認している日々です。



3年目の抱負は。 1年目、2年目と同じく。
いつも、お客さまによろこんでいただけるような、よい本を並べておきたいと思っています。

そして、3年目は、もう少し、欲ばってしまいますが。
( 書いておけば、一緒にやりたい ! と、思ってくださる方もいるかもしれないので、書いておきます )

3年目は、積極的に、いろいろな世代の方と、大小さまざまなイヴェント作り、展示、本作り、空間作りなど、やっていこうと思っています。

みなさまにも、また、お力添えをいただいたり、お世話になることと思います。
どうぞ、よろしくお願い致します。

いつも有り難うございます。

( 写真は、この間、数年ぶりに訪れた万博記念公園の太陽の塔前にて )

face_2014_10_09_taiyo