京都の古本屋・本屋・書店、世界文庫。 店主、古賀鈴鳴。

ふつうに思うこと。

きょうも新しい1日。

せんじつの連休はいかがだったでしょうか。
「 世界文庫 」にも、世界中のいろいろなところから、たくさんのお客さまが来店くださりました。


やはり、お客さまが来てくださることが、一番、励みになりますね。

山梨から、以前も来ていただいた、センスのよいご夫婦は。
「 世界文庫さんに来ると、新しい発見や、新しい出会いが必ずあるから、訪れるの楽しみにしてるんですよ 」と。



もう、来年のいろいろな計画、企画を進めたりもしているのですが。

やはり、来ていただいて、喜んでくださるひとがいるんだなあ、と頭に思い浮かべられるから、いろいろ頑張れるのだなあ、と思います。

ものすごく、ふつうのこと書いてしまいましたが。
ふつうに思うことを大事にしたいなあとも思うのです。

face_2014_11_26b