京都の古本屋・本屋・書店、世界文庫。 店主、古賀鈴鳴。

出会いをたいせつに。

きょうも新しい1日。

京都は、大学が多いせいなのか、はたまた、自分が興味をもっているからでしょうか。
さまざまな大学へ、呼んでいただいて、行く機会が増えました。


例えば、ストイックな研究者の方などとお話していると、個人的な見解ではありますが、かなりアーティスティック・・・なひとばかりでおもしろい気がしています。
なにごとも、突き詰めていく、っていうひとや、行為は。興味深く、おもしろいですよね。
そういう方との、相性がいい気がしています。



さきおとといは、京都大学で、とある打ち合わせ。

おとといは、「 世界文庫 」で、書籍の打ち合わせ。

きのうは、イヴェントの打ち合わせ。

ほんじつは、web サイトと、とある建築の打ち合わせ。

1月末まで、毎日、さまざまな打ち合わせが入っています。

12月末から、1月のきのうまでで、さく・えの、自分の絵本のラフを4冊分仕上げることができました。

1/31からは、年末年始、メンテナンスしていました、書店の「 世界文庫 」もオープン。



2015年は、しずかに、もくもくと、しごとをしています。

今年も、さまざまな出会いをたいせつに。

いろいろなことにつながっていくように。

楽しんで、よいしごとを、きちんと、残していけたらいいな、と思っています。

face_2015_0124