京都の古本屋・本屋・書店、世界文庫。 店主、古賀鈴鳴。

ここで。

きょうも新しい1日。

晴れているけれど、少し、きのうの雪が残っています。
「 世界文庫 」は、窓が大きいので、外の景色がよく見えます。


「 世界の雑貨市 vol.2 」の2日目。
ほんじつも、ずっと、店内が賑わっていて、たくさんの方々が、ご来店くださりました。

何人かで来てくださったお客さまは。
返り際、お店の外で記念撮影しながら、「 よかったね ! 」「 おもしろかった ! 」などと、声は聞こえないのですが、嬉しそうに話してらっしゃる姿が、私からはよく見えます。

そういう姿を拝見しながら。
「 世界文庫 」で、いろんな楽しいことをやろう、どんなことができるかな・・・と想像します。
この場所で、このスペースでやれる、最大限ってどんなものだろう・・・と、よく想像しています。

ほんじつも、有り難うございました !

face_2015_02_01