京都の古本屋・本屋・書店、世界文庫。 店主、古賀鈴鳴。

こころはいつもそばに。

きょうも新しい1日。

ぽかぽかと日中は、気持ちいい陽射しの日もふえてきました。

「 世界文庫 」は、きのう、水曜日もオープンしてました。


平日の昼間にもかかわらず、たくさんのお客さまが、来店くださりました。



春は、卒業とか、入学とか、就職とか、転職とか、引っ越しとか、異動や、移動のある時期ですので、「 世界文庫 」の常連になって、よく来てくださってた方も、東京に戻られるとお聞きしました。



以前。遠くの外国に引っ越してしまう、友達への手紙には、こう書きました。

「 距離は離れてしまうけど、こころはいつもそばにいますね 」



春はもうすぐ。

また会いましょう。

face_2015_02_26b