京都の古本屋・本屋・書店、世界文庫。 店主、古賀鈴鳴。

さっき観た映画。

きょうも新しい1日。

「 世界文庫 」は、日曜日オープンしてました。

京都シティは、朝から、ざんざ降りでしたので、ゆっくりペースかなと思っていましたが。
大雨にもかかわらず、オープン前から、お店の前には、たくさんのお客さまが、傘をさして、待っていてくださりました。

急いで、オープンです。



それでも、閉店ちかくには、落ち着いて、いろんなお話などもでき、ゆったりと時間を過ごせました。

旅立っていった本たちのことや、お客さまたちとお話したことなど、考えつつ。

閉店後に、お茶で一服します。



さっき観た映画を反芻するような、余韻にひたるような。時間。

たとえるなら、「 世界文庫 」っていう、映画を観たあと・・・みたいな感じなのです。



それもまた、楽しい時なのです。

face_2015_03_03