京都の古本屋・本屋・書店、世界文庫。 店主、古賀鈴鳴。

「 なんでもない日、万歳 ! 」

きょうも新しい1日。

「 世界文庫 」は、水曜日オープンしてました。

遠方からも、たくさんのお客さまが、ご来店くださりました。

鹿児島、宮崎、福岡、熊本、と、九州から来てくださったお客さまが、何故か、多い日でした。



お店に、ちょっと、ひさしぶりに来てくれた京都のアーティストの友人。
花屋さんで、お花を買ってきてくれて、「 はい 」と手渡してくれました。

お花 といっても、写真のようなもの。

「 ん。これは、食べるやつ??? 」と聞くと。
飾れるし、食べれるみたい。古賀さんっぽいやつを選んできた、と。

合いそうな花器がないので、ティーポットに飾らせていただいてパチリ。



私っぽいかどうかは、さておきですね。

自分は、「 なんでもない日、万歳 ! 」ってことばが、すごく好きなんですね。

特にお祝いとか、御礼でもなく。
なんでもない、ふつうの日だけど、花屋できれいだったから、選んで買ってきた・・・っていう、そのひとの、やさしさが、なんだか、とってもうれしかったんですね。

春の、きれいな、グリーン。

face_2015_03_04