京都の古本屋・本屋・書店、世界文庫。 店主、古賀鈴鳴。

「 ふぉりくろーる。 」さんのこと。

きょうも新しい1日。

「 世界文庫 」は、土・日・月曜日オープンしてました。

全国から、本好き、絵本好きな、みなさまが、たくさんご来店くださりました。
有り難いことです。




土曜日の昼間に。「 世界の絵本市 」に、毎回、参加してくれている、岩手にあるロシア絵本の専門店、ふぉりくろーる。さんから mail。

「 実は、この5月いっぱいをもちまして、お店を閉じることを決めさせていただきました。唐突なことで申し訳ありません 」と。



ふぉりくろーる。の村上さんとは、「 世界の絵本市 」で、それこそ、何百通と、mail のやりとりをしてきただろう。

本屋さんの中では、きっと一番多いだろうな。

自分は、あんまり、誰にもお店の方針のことを相談したり、ほぼしないのですが。村上さんには、イヴェント、こうしようと思ってて、どう思いますか? ・・・なんて、書いたりしたことも、ときどき、あった気がします。

村上さんは、なんかこう・・・。

最初から、熱いものを感じていて、ちょっとお調子ものなとこもありそうだけれど、真っ直ぐで。東北らしさのあるすごいピュアなひとだなあと思った。やさしいし。

twitter でも、「 世界文庫で、ふぉりくろーる。さんのこんなロシア絵本買いました ! 」なんて、投稿があると。
必ず、リプライして、ひとりひとりに話かけていた。

お客さまたちとのやりとりを、ほんとに楽しんでされてるんだなあと、いつも、見ていると、うれしくなった。



迷っていて、じゃなくって。
“ 決めました ”って書いてあったから、兎や角言うのはよそうと思った。

自分には、想像できないようなことも、いろいろあられるのだろうと思うから。

Blog の、閉店のごあいさつをさっき読んでいて、初めて知ったのだけど、村上さんとこは、奥さんと、お子さんが 5人もいるんだ。

偉いな。お父ちゃん、頑張ってるな。



ふぉりくろーる。さんのロシア絵本に関するアーカイブが凄まじくて、ほんと、書籍化するとか、した方がよいと思う。

どこか、出版社さんどうですか?

「 世界文庫 」でも、ロシア絵本、すごく売れていますから、絶対、採算はとれます。



発表されたのがきょうで、私がお聞きしたのが、一昨日で。

うまくは、まだ、自分も、整理できないのですが。

村上さん家の、新しい、よい旅立ちになるとよいなと願っております。

face_2015_0309