京都の古本屋・本屋・書店、世界文庫。 店主、古賀鈴鳴。

クラムボンの「 tour triology 」大阪へ。

きょうも新しい1日。

デザインの入稿日でした、きのう。
何種もある仕様のもので、夜中までかかるかな・・・と思ってたのですが。
修正が、ほぼ出なかった為、早い時間に、入稿完了 !


これは ! と思い。
急いで準備して、大阪へ向かいます。

間に合わないだろうから、行けないと思っていた。
クラムボンの「 tour triology 」・大阪・オリックス劇場公演に。
ぴたり、開演10分前に到着。
間に合いました。

「 世界文庫 」は、クラムボンの原田郁子さんの本棚もありますので。
来てくださったことのあるお客さまたちも、会場にたくさんいらしていて、声をかけてくださりました。



椅子のあるホールで聴く、クラムボンも良かったです。
音色が多彩な、ニューアルバムをどう演奏するのだろう? と、楽しみだったのですが。
実に、さらっと、再現されてました。
それも凄いことだな、と。
この会場で是非やりたかったんです、と、MCでも言われてましたが。
兎に角、音の響きが凄くて。
楽しかった !

先月も、ライヴを観た時も思ったのですが、20年続いてるバンドで、いまも一番のってて、いい感じがする、っていうのは。
どういうことなんでしょう? と。

行く前は、寝不足と、何も食べてない、ふらふらのていだったのですが。
終わった頃には、すっかり元気でした。

face_2015_06_27