京都の古本屋・本屋・書店、世界文庫。 店主、古賀鈴鳴。

「 ととのう 」

きょうも新しい1日。

7月23日に、今年も無事、誕生日を迎えて、古賀鈴鳴、42歳になりました !
( お約束で、誕生日の日に、早速、大学生? と、おじさんから、学生に間違えられました・・・ )




お電話で、Facebook や SNS、mail などで。
素敵なバースデイメッセージも有り難うございました !
とてもうれしくて、ひとつひとつ、大事に読ませていただきました。
いくつになっても、誕生日は、うれしいものです。



ちょこちょこと書いていますが、今年から、ハマっていることには、「 山登り( アウトドア ) 」があります。
山や緑、自然はいいですね。
こころあらわれます。

それともうひとつ。
いままで、ずっと、どちらかというと、我慢できずに苦手だった、「 サウナ 」に何故か、今年からハマってしまいました。

いまでは、2日に1度は、サウナに行かないと、なんだか、すっきりしないくらいになってきました。

「 サウナ部 」仲間も、募集中です !



普段から、ほんとに、どんな本でも、節操なく読むのですが。
たまたま、サウナの本を読んでいて。
サウナで身体をあたためて、水風呂に入る、またサウナに入る。を、何度か繰り返していると。
〈 温冷浴効果 〉というもので、血流が刺激され、身体の老廃物もとれ、脳の緊張も弛緩して「 自律神経 」もよい感じになってきます。
ふわふわしつつも、きりっとします。

そのことを、業界用語( ? )で「 ととのう 」=「 整う 」という。
と、書いてあるのを読んで。

まず、その言葉に、ものすごく、ピンときました。
「 ととのう 」、っていい言葉 !

ととのいたいなあ、と思って、最初は我慢して、「 サウナ 」していたら、その、「 ととのう 」感覚が、実感で、ひしひしと、わかってきたんですね。

「 ととのう 」と。
自分の中の、余計なもの、汚れが洗い流されて。
ずっと、清潔で、多幸感に包まれているような状態になります。



何が言いたいかといいますと。

古賀鈴鳴も「 世界文庫 」も、現在、いくつかのよいおしごとのお話や、プロジェクトのオファー、おさそいをいただいています。
有り難いことです。

でも、折角、よいお話をいただいても。
自分にその準備、応えられる状態ができていないと、( つまり、ととのってないと )、よいお話も、対応できなくて・・・逃してしまうかもしれません。
また、自分がととのってないと、何か悪い事象が起こった時にも、慌ててばかりで、うまく対処できないかもしれません。



2011年の震災以降、日本では、とくに、この先の未来が。
半年どころか、もう、1ヵ月先でも、予測を立てにくい時代になってきました。
気づいているひとは、すごく気づいていると思います。
そういう不安定な時代になってきていますが。

自分は、常に、「 ととのっている 」状態の。自分でありたいな、と思いました。
社会や時代がどうであっても。
そんなことを、これからの、抱負にしようと思います。

「 ととのう 」

この 1年も、様々な場面で、みなさまには、お力をかしていただいたり、お世話になると思います。
どうぞ、よろしくお願い致します。

face_2015_07_24