京都の古本屋・本屋・書店、世界文庫。 店主、古賀鈴鳴。

【 メディア掲載 】「 GQ TAIWAN 」インタヴュー

台湾では、『 GQ 』の台湾版『 GQ TAIWAN 』でインタヴューもしていただきました。
今回の『 好氏品牌研究室 』での『 空想京都 』の取り組みやイヴェントのこと、かなり深淵なことも訊ねられて、とても丁寧で意識の高い取材に感じました。
関係者の皆様には、深く御礼を申し上げます。

gq_taiwan
台湾語なので読むのがむずかしいのですが。
たとえば、このようなことを訊ねられました。


・「 デジタル時代に入ってから、紙の書籍を読むことが徐々に減っていくという現状の中で、『 読書 』に関するものについて、『 世界文庫 』がどういう使命を持って人に何をもたらしてくれるでしょうか。本屋をやり始めてから今まで、理念というものは何か変わった部分がありますか? 」

・「 古賀さん自身は『 世界文庫 』の運営以外も、デザイン作品を提供したり、詩を書いたり、さらに絵本も描いたりして、かなり多才でいろんな活躍をしているのですが、これらのことはどう繋げるようになったのか、そしてお互いにどう影響し合っているのかを教えてください 」

記事はこちらから

http://www.gq.com.tw/life/living/content-26906.html



In Taiwan , ” GQ Taiwan ” I have also interview in Taiwan version of ” GQ ” .
Initiatives ” 空想京都 ” and event of in this time ” 好氏品牌研究室 ” things , and asked also quite profound thing , a very polite , I felt in high conscious coverage .
To everyone of the parties , I would like to deeply thanks .

It is difficult to read because the Taiwanese .
For example , I was asked such a thing .

・” Since the beginning of the digital age , in the current situation that it is to read the books of paper is gradually reduced , about things related to [ reading ] , or will keep what you bring to people [ 世界文庫 ] is with what kind of mission . From the start to do a bookstore until now , do you have change part thing called philosophy ? ”

・” Mr.Koga ‘s own what besides the management of[ 世界文庫 ] , or to provide the design work , writing poetry , and or further also create a picture book , Mr.Koga have a lot of success is quite versatile , please tell us these things what began to connect what is , and how influenced by one another . ”

Statement from here

http://www.gq.com.tw/life/living/content-26906.html