京都の古本屋・本屋・書店、世界文庫。 店主、古賀鈴鳴。

「 交流 」

きょうも新しい1日。

世界のみなさま、こんばんは。

私は、“ どうして京都のあのような静かな場所で、「 世界文庫 」をやってるの? ” と。何万回も聞かれてきました。


実際お店に来ていただいて、雰囲気や空気を感じていただいた上で。
「 ひとつには、コミュニティデザインの実践をしています 」と、言うと、最近は結構、納得してもらえます。
( そんな、今風な言い方をしなくても別にいいのですが。。。 )

「 交流 」
たくさんの方と、本を通じて、いろんな会話をしています。
この3年半で話したひとは、数万人にもなるだろう。
おもしろいし、いい経験をさせていただいているなと感じています。

京都のこのあたりが本当にすきだから、いろんな方が来てくださって、うちだけでなく、「 街 」を楽しんでってくださるといいな、って思っています。
「 街 」が、よい感じににぎわってる( この塩梅が大事 )のが楽しい。

地方の時代、イノベーションをおこす、地域コミュニティをインバウンドでなんちゃらかんちゃら・・・・・・。

なにごとも、口だけで言ってるよか、本当にやってる、実践しているってことが、一番大事に思います。



Today is a new day .

Good evening, the world of everyone .

I have been asked thousands of times ” Why doing the ” 世界文庫 ” such a quiet place in Kyoto ? ” .

Please come to the actual shop , in terms of feel the atmosphere and the air .
When I say ” In one , it has a practice of community design ” , recently I get convinced .
( Let’s quit epidemic of protest against the decision , like a ” community design ” )

” People’s interact ”
I have a lot of conversation , a lot of people to mediate books.
I spoke in this three and a half years is maybe tens of thousands people . I’m glad and have fallen good experience .

Because I really like this neighborhood of Kyoto , and when came various people , I think if they will go to enjoy the ” city ” not only ” 世界文庫 ” .
” City ” was fun ( this balance is important ) to have crowded , I’m glad.

Age of local …. cause innovation ….the local community on the inbound ….□◁卍〜ヾ etc….( tired of hearing 〜 )

I think the most important doing really, have practiced than to say only use the mouth .

face_2016_04_08a