京都の古本屋・本屋・書店、世界文庫。 店主、古賀鈴鳴。

本屋さんの友達。細江さん。

きょうも新しい1日。

昨年の11月、自分の生まれ育った街、滋賀県の彦根で、2日間出演する、トークイヴェントを企画してくださった。

そのイヴェントのおかげで、いまの滋賀や、彦根の街をおもしろくしようとしている若いひとたちに、たくさん出会えて、自分の生まれ育った街のことが、また、すきになった。


そのイヴェントの中心メンバーのひとり、細江弘人さん。
いろいろ世話役のようなことをしてくれて、本屋さんで、旅人で、明るい。

車で、街の、新しいいろんな場所に連れてってくれて、すぐに打ち解けて、ふたりで、いろんな話をした。

同い歳で、大人になって初めて出会ったのだけど、学生の時に会ってたら、絶対、つるんでただろうな、ってくらい。おもしろいひと。
バックパッカーで、ひとりでいろんな国に行ってて、その話をきくのが、すごく楽しかった。

「 ひとりで、知らない国でさ、寂しくなかったの? 」
「 全然、楽しかったですよ 」

それで、僕らは、すぐに友達になった。

関西の新刊本屋さん業界では、頑張ってて、実は、偉い立場のひとらしい。
同い歳だし。なんかわからないけどすごいね、って言うと、「 いやいや僕は、家の本屋をただ継いでるだけですから」って、いつも謙遜してた。

同じ本屋さんでも、「 世界文庫 」とは、全然違うスタイルなんだけど、古賀のことを、すごくおもしろがってくれていた。

ちょっと、なにか一緒に本のイヴェントしましょうよ、ってよく言い合ってて、また、彦根にも呼んでくれるようにいろいろ動いてくれていた。

よく mail もやりとりしていて。
2週間前も、近々、会いましょうという mailを。
facebook の彼の投稿をみてると、なんだか最近、とても疲れてそうだなと思っていたから、楽しい話でもしようかい、と思っていたのだ。



そんな、細江さんが昨日、亡くなったという。
よくわからない、とはこのことだ。

まいったな、全然、整理つかないな。



けど・・・どうも有り難う。

細江さん。一緒にできなかったけど、おもしろがってくれそうなことをやるよ。
僕が、つまらないことをしようとしている時や、何かに流されようとしている時は、天国から、どうか、力を貸してください。

( 昨年のトークイヴェントの時、左端で進行役をしてくれてた細江さんと )

face_2016_06_05a