京都の古本屋・本屋・書店、世界文庫。 店主、古賀鈴鳴。

『 食器と食パンとペン+あるふぁ 』トークショー

『 食器と食パンとペン+あるふぁ トークショー 』を開催いたします。

安福望 × 古賀鈴鳴 〜 絵とことばのこと 〜

■日時 7/3(日)17時 〜 19時
■定員 30名さま(申し込み先着順)
■会場 世界文庫 http://sekaibunko.com/
■参加費 1300円( 安福特製フリーペーパー付き )

■ご予約方法
※ご予約の受付けは、6/24(金)の午前10時からとさせていただきます。

世界文庫メールアドレス info@sekaibunko.com に、
◎件名→「7/3 絵とことばトーク申し込み」
◎本文→お名前、人数、返信用メールアドレスをご記入の上、お送りください。
◎受付け完了の 返信 mail をもちまして、ご予約完了となります。
返信がない場合、すでに受付け終了の可能性がございます。ご了承ください。

=============================

『 食器と食パンとペン 』で人気の絵描き、安福望さんとは、
実は、絵描きとしての彼女のことを、世界のほとんどの人が、
まだ認識してなかったであろう、7 〜 8年位前から面識があり、
絵を見せてもらっていました。

しかし、世の中の人が知らないだけで、その頃から、彼女の絵は、
とても良くて。
なんというか、独特の「 間 」みたいなものがあって。
それは、まあ、役者の演技に例えると分かりやすいと思われますが、
別にことさら演技しようと思わなくても、カメラに映ってるだけで、
普通に喋ってるだけで、それで、おもしろい・・・

だから、「 そのまま 」がいいんじゃない、って思って。

「 そのまま 」、知られるようになってきた、安福さんと、彼女の得意な
「 短歌 」の世界。
それから、言葉、詩、のことについて。
それらと、絵の関係について。

2016年の夏に、じっくり話してみたいなと思っています。

古賀鈴鳴( 世界文庫 )