京都の古本屋・本屋・書店、世界文庫。 店主、古賀鈴鳴。

7/3 安福望 × 古賀鈴鳴 〜絵とことばのこと〜のこと

きょうも新しい1日。

7/3 も、「 世界文庫 」はトークイヴェントでした。
「 世界ギャラリー 」で展示中の、安福望 さん × 古賀鈴鳴で。


大盛況、且つ、安福ファンのみなさま熱くて( Twitter に感想がたくさん ! )、良い時間・空間になりました。



一日一首、短歌に絵をつけて紹介している、人気アカウント「 食器と食パンとペン 」の絵描き、安福望さんは。
本人もブログで書いてたので、書きますが。
実は、古賀が教えに行ってる絵の学校に、7〜8年前に通ってた生徒さんだったんですよね。

当時から、ものすごく絵も本人もおもしろかったので。「 あとは、誰もやってない場所や・やり方を探して、世の中にプレゼンし続けてれば、人気者になるんじゃない? 」的なことしか言ってなかったと思うのですが。

ちゃんと、「 短歌 」に絵をつける、っていう、あまり誰もやってなかった領域のところを見つけて、毎日描いてて、本当に人気者になってて。

教えていた方たちが、活躍しだして、一緒に仕事をできるようになるというのは。とっても嬉しいものです。

( 写真は来ていたお客さんにいただきました )

13557914_1004741366311434_7158933055389034519_n
13600143_1004741492978088_1438316390143300418_n