京都の古本屋・本屋・書店、世界文庫。 店主、古賀鈴鳴。

【 世界棚 】新しいセレクターは、荒井良二さん !

【 世界文庫の世界棚 】 の新しいゲストセレクターは、絵本作家の荒井良二さん !

“ 絵本界のノーベル賞 ”と言われている、リンドグレーン記念文学賞の、日本人ただひとりの受賞者です。

名作絵本をたくさん生み出されていますね。

世界文庫の店主の古賀鈴鳴と荒井良二さんは、実は、「 かいもの さんぽ ゴムぞうり 」(岩崎書店)という絵本を共作し、出版していたりもする関係です。
しかも、文・荒井良二、絵・古賀鈴鳴です。
荒井良二さんが、文だけを書いて、絵を誰かに任せている絵本は、世界初で・唯一なのです。

9/1(日)のオープンより、世界文庫に本が並びます。

例えば。将来絵本作家を目指しているひとが荒井さん棚から、荒井さんが眺めていた絵本を買う・・・そういうの素敵だなと思っています。

※どのような本があるかや、何冊くらいあるか、等の質問には、他のセレクターの方もそうですが、お答えしておりません。ぜひ、世界文庫へ、確かめにいらして下さいね。

( 写真は、本を受け取りに行った際に撮らせていただいた、荒井良二さん )