京都の古本屋・本屋・書店、世界文庫。 店主、古賀鈴鳴。

sekaibunko_1
 

京都で、古書店をはじめました。

名前は、 『 世界文庫 』と言います。 the world pocket book.

私にとっては、ここが世界の中心と思うからです。

でも、文庫っていうのがいいでしょ?

一冊のちいさな文庫でも、それは、宇宙であり、世界があります。

by Suzunari Koga




店主
古賀鈴鳴
1973年生まれ。滋賀県出身。
美術家、デザイナー、イラストレーター、詩人。主に、音楽、書籍、ファッションのデザインや、アートワークに携わる。さまざまな著書がある。好きな作家は、志賀直哉、南方熊楠、サガン、ブローディガンなど。

世界文庫は、2012年10月6日にオープンしました。

もう自分では使わなくなったものでも、どこかで別の誰かが必要とし、大事にしてくれるのならその人の手に渡してゆく・・・世界文庫は、本を中心として、そのようなことのお手伝いができたらいいなと考えています。

古賀鈴鳴 – Wikipedia → http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E8%B3%80%E9%88%B4%E9%B3%B4




特徴
店主、古賀鈴鳴のセレクトした、たくさんの古書以外に、
世界中のいろいろな方が、ご自身の蔵書より、セレクトした、
【 世界棚 】( ワイン箱ひとつくらいのスペースに。おひとり30冊くらいまで )が常時設けられています。

セレクター…
原田郁子さん( clammbon )
皆川明さん( minä perhonen デザイナー )
荒井良二さん( 絵本作家 )
甲斐みのりさん( 文筆家 )
セキユリヲさん( サルビア、デザイナー )
ナカムラクニオさん( 6次元 )
高橋信也さん( アートプロデューサー、森美術館 )
永原真夏さん( 音楽家 )
長友啓典さん( アートディレクター )
etc…

つまり、上記の、とっても素敵な方たちの、大切にしてらした蔵書から、本を買う事ができます。

本というものは、ある部数、たくさん印刷されるものですが、
あるその方の蔵書から買えるのは、
売り切れたら、おしまいなので、世界でたった1冊きりです。

それが、【 世界棚 】です。

そして、【 世界棚 】のセレクターと本は、これからも、少しずつ、
増えていく予定です。お楽しみに!

◎原田郁子 ( clammbon )
Ikuko Harada.
音楽家( musician )。
www.clammbon.com  ooo195ooo.cc

◎皆川明( minä perhonen )
ファッションブランド、minä perhonen デザイナー。
www.mina-perhonen.jp

◎荒井良二
絵本作家。
絵本での受賞に、小学館児童出版文化賞、ボローニャ国際児童図書展特別賞、講談社出版文化賞絵本賞、日本絵本賞、産経児童出版文化賞・大賞。アストリッド・リンドグレーン記念文学賞を日本人で初めて受賞など。
http://blog.ryoji-arai.com/

◎甲斐みのり( 文筆家 )
文筆家。旅、散歩、お菓子、手土産、クラシックホテルや建築、生活に雑貨など、女性の憧れを主な題材に書籍や雑誌に執筆。
主な著書に『乙女の京都』、『甘く、かわいく、おいしいお菓子』、『東京ロマンチック案内』など。
www.loule.net

◎セキユリヲ( サルビア、デザイナー )
グラフィックとテキスタイルのデザイナー。本や雑誌のデザインも多数手がける。
「古きよきをあたらしく」をテーマにものづくりをする 「サルビア」主宰。旅が好き。実家での畑仕事も好き。
www.salvia.jp

◎ナカムラクニオ( 6次元 )
東京・荻窪にあるブックカフェ「 6次元 」店主 。
美術や旅番組などのディレクターとして番組制作に携わり、これまでに訪れた国は40ヶ国以上。
趣味は世界の本屋とカフェ巡り。
著書『 人が集まる「つなぎ場」のつくり方 ~ 都市型茶室「6次元」の発想とは 』がある。
www.6jigen.com

◎高橋信也( アートプロデューサー、森美術館 )
京都市生まれ。「安部公房スタジオ」に参加後、美術誌の企画・編集・出版。演劇・音楽の公演を始め、長年にわたりアートプロデュース・マネジメントを手掛ける。
「アールヴィヴァン」、「ナディッフ」等、創立メンバー。現在「森美術館」等に、森ビル株式会社執行役員として在籍。著書に「魔都上海に生きた女間諜」(平凡社)。

◎永原真夏( 音楽家 )
4人組バンドSEBASTIAN XのVocal ( 現在活動休止中 )。
作詞、作曲を手掛けるだけでなく、ジャケット/グッズ/アーティスト写真/PVまで、バンドにまつわる全てのアートワークも手掛ける。
好きなものはホラーとファンタジーと走る馬とスイカ。
www.sebastianx.info

◎長友啓典( アートディレクター )
1961年桑澤デザイン研究所卒業、日本デザインセンター入社。1969年黒田征太郎とK2設立。1984年講談社出版文化賞【さしえ賞】、2006年第37回講談社出版文化賞【ブックデザイン賞】受賞。「成功する名刺デザイン」(講談社)、「装丁問答」(朝日新書)など著書多数。エディトリアル、広告等のアートディレクションを手がける他多数の小説や雑誌に挿絵、エッセイを連載中。
www.k2-d.co.jp

◎古賀鈴鳴( アートディレクター、世界文庫 )
世界文庫店主。美術家、デザイナー、イラストレーター、詩人。
手がけた主な仕事に、くるり、東京カランコロン、曽我部恵一のCDジャケット。
「mercibeaucoup,」、「HELMUT LUNG」、「CABANE de ZUCCa」等のブランドとのコラボ。ブックデザイン多数。数冊の著書がある。

☆「 世界文庫 」の実績
・台湾・台北の人気セレクトショップで、
世界文庫 POP UP SHOP を一カ月開催
トークショーも開催。定員30名のところ、100名以上の申し込みがあった( 2016年3月 )

・ファッション誌、ライフスタイル誌など( News コンテンツを参照 )
さまざまな雑誌、書籍での選書、本の紹介文を寄稿

・雑誌「 SAVVY 」で連載( 2016年5月 スタート )

・虎ノ門、「 TORANOMON LOUNGE 」のブックシェルフに本を選書

・手紙社主催、「 東京蚤の市  」「 関西蚤の市  」に出店

・桃山学院大学で特別講演

・精華大学で特別講義 & ワークショップ開催

・世界遺産・下鴨神社でおこなわれた
「 糺の森ワンダーランド 」2013、2014に出店

・「 京都ふるどうぐ市  」に出店

・京都の人気店舗が集まる「 Prinz 春市 」に出店

・ロックフェス「 ボロフェスタ2012 」に出店

・岡崎ときあかりマルシェ ’12 に出店

・数々の書籍の装幀、ブックデザイン、企画・編集を担当。(「 曽我部恵一詩集 」、荒井良二絵本、大道珠貴、中島義道、灰谷健次郎・・・いろいろな作家の小説、生活系、哲学系、癒し系、ビジネス書籍など)




選書・出張
世界文庫では、全国の、デパート、ショップ、カフェ、雑貨店、音楽フェス、書店などへの、出張古書販売も行っています。
本のある風景・空間のコーディネート、ディレクション、選書なども行います。
世界文庫代表の古賀鈴鳴は、ブックデザイン、編集にも携わって、また、著者としても、数々の本を世に送り出してきました。
本にまつわること。本に関する空間のこと。あらゆることを、ご相談ください。

お問い合わせ、おさそい、取材オファー等は、まずは、 トップページより  mail にて、
世界文庫代表・ブックディレクター 古賀鈴鳴まで。
お問い合わせくださいね。