京都の古本屋・本屋・書店、世界文庫。 店主、古賀鈴鳴。

何度でも何度でも言おうと心に決めています。

きょうも新しい1日。

7月4日(木)の、毎日新聞夕刊( 関西版 )文化面に、「 世界文庫 」・古賀鈴鳴の記事を掲載していただきました。

様々な方が、「 世界文庫 」のことを目にしてくださる好機で、うれしく思っています。
新聞に載るのは、以前、朝日新聞の夕刊に、1年ほど文章と絵のコ
ラムエッセイを連載させていただいていた時以来かもしれません。
「 世界文庫 」としては、はじめてです。



きのうの、土曜日の「 世界文庫 」のオープン日は、新聞を読んで来ました・・・という方たちも、
多数ご来店いただけました。
有り難いことです。

きっかけは、どのような入口でもいいので、入ってきてほしいな、
って思っています。



よく言っていることですが、お店も「 表現 」であると、自分は思っています。



「 世界文庫 」は、去年の10月に始まり、まだ9ヵ月です。

でも、あまりにめまぐるしすぎて、いろいろ忘れない為、オープン
の日にここに書いた、自分の文章を読み返しています。

いつも、いろいろな取材をしていただけるたび、お話していること
は、結局このことなのかもしれないな、と思ったりもしています。

しかし。何度でも何度でも言おうと心に決めています。



“ ここから、なにか、おもしろいことを、おもしろいひとたちと、発
信していけたら、と思っています。
( 発信じゃなくて受信でもいいけれど )
いろいろな出会いの場になれば、と。
ずいぶん、あたりまえのことを書いていますが、あたりまえに、そ
んな気持ちです。”



“ 本に囲まれているとしあわせな気持ちになります。
こどもの頃から、ずっとそうで、図書館に住みたいと思っていまし
た。
図書館は、まだ、自分には、ちょっとむずかしそうなので、アトリ
エに、小さな本屋をこしらえました。

本に囲まれていると、とてもしあわせな気持ちになります。



では、世界をはじめます。”