京都の古本屋・本屋・書店、世界文庫。 店主、古賀鈴鳴。

「 簡素 」な暮らし

きょうも新しい1日。

「 簡素 」な暮らしもいいものだ。

余白や、よゆう。


「 世界文庫 」を始めた頃、何万回も聞かれたのが。

「 こんな珍しい本売っちゃっていいんですか? 」という質問。

いいから、始めたんです。

「 世界文庫アカデミー 」は、「 自分の得てきたものが誰かの役にも立てばいいな 」

もっと面白い世界が見てみたいな、と。始めました。