京都の古本屋・本屋・書店、世界文庫。 店主、古賀鈴鳴。

“ te ”

きょうも新しい1日。

2/1〜 よりの「 世界文庫 」の店内イヴェント、「 世界の絵本市 」に向けて、絶賛深夜の設営中です!

検本作業。
大量の本ですが、リストを見ながら、送っていただいた本の数が、どうしても1冊数が合わなくて、何回も数え直し中です。

なにごともそうですが、好きじゃないとやれないしごとと思います。

しかし、珍しい絵本ばかりが、全部揃っている状態を見れるのは、自分だけ・・・ということで、気になるものを、じっとめくったりしながら、楽しい作業でもあります。

世界には、いろんな街があって、いろんなひとがいて、いろんな絵本作家がいて、いろんな編集者がいて、いろんなブックデザイナーがいて、いろんな取り次ぎ屋さんがあって、いろんな本屋があって、いろんな読者がいるんだろうなあ・・・と思い馳せます。

世界中の、たくさんのひとの手を経由して、世界文庫に届いた本たちです。

しずかな夜です。
もうすぐ、夜明け。

数、合いました。

また、私の手を経由して、誰かの手に渡ってゆくのです。
face_2014_01_30